黒ニキビができたらどうしたら良い? 潰すべき?潰さない場合の対処法は?
黒ニキビに対する情報をまとめてみました。

黒ニキビ 対策

黒ニキビは、初期段階の白ニキビから症状が進んだ状態です。白ニキビの状態から皮脂分泌が進み、毛穴に収まりきらなくなると、毛孔を押し広げて表面から外へ出てくるようになります。その皮脂が空気に触れることで酸化し、黒ずみとなり黒ニキビの症状を引き起こします。

黒ニキビよりさらに症状が進むと赤ニキビへと悪化してしまい、ここまで症状が悪化するとニキビ跡として残る可能性が高まるので、黒ニキビの状態で食い止めておきたいところです。

ここで症状を収められるかどうかによって、今度のあなたの肌の状態を大きく左右すると言ってもよいでしょう。以下に黒ニキビの対策法をまとめてみましたので参考にしてみてください。

■黒ニキビの対策法
①正しい洗顔をして毛穴の汚れを除去する
②浸透力の高い化粧水で保湿をし、角質を柔らかくする
③美容成分を補給し、肌のターンオーバーを促進する

この3つの黒ニキビ対策は、b.glen(ビーグレン)の毛穴対策セットを使うのが私のオススメです。他の化粧品では真似できないほどの高度なテクノロジーを駆使して、高い浸透力がある化粧品となっています。

>>サイエンスコスメb.glenのニキビ対策4ステップ

さらに黒ニキビ対策を確実なものにするためにやっておくと良いこととして、

④ビタミンなどを補給する(サプリメントなどがオススメ)

ニキビ対策のサプリはこちら >> サン・クラルテ製薬「緑の知恵」

 

【黒ニキビコラム】

黒く表面が見える状態は白よりも更に清潔感を損ねる嫌な存在です。毛穴が気になるという人も多くいますが、それよりも気になる状態ではないでしょうか。

更に、この状態よりも悪化させてしまうと跡になって残ってしまう可能性が高まるのでそれもまた嫌なポイントの一つとなってしまいます。適切なケア方法でできるだけ早い段階で症状の悪化を食い止めることが必要であると言えるでしょう。